jazz

「眠れる森の美女」はオーロラ姫は第3幕どうなる?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

物語がクライマックスの第3幕。完璧な王子とお姫さまが求められる、バレエダンサーにとってプレッシャーの強い場面が登場します。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は、バレエ「眠れる森の美女」の第3幕の見どころポイントに関してです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

オーロラ姫の演じ分けに注目

「眠れる森の美女」に関してはこちらでまとめています。

「眠れる森の美女」のあらすじと歴史
プロローグ、第1幕のポイント解説
第2幕のポイント解説(→現在の記事)

第1幕では初々しかったオーロラ姫。第2幕では幻影の中の美しい理想の女性、第3幕では大人に成長した気品あふれる完璧な姫へと成長していきます。

めがね

第3幕にポイントを絞って解説します。

第3幕のあらすじ

眠りから目覚めたオーロラ姫と、王国を救ったデジレ王子。国中から祝福され宮殿ではオーロラ姫とデジレ王子の結婚式が開かれる。宝石の精、おとぎ話の主人公たち(青い鳥、長靴をはいた猫、赤ずきんちゃん、シンデレラなど)が登場し、ふたりの結婚を祝う。

盛大なお祝いの中、物語は終わりを迎える。

ディベルティスマン

ディベルティスマン

ディベルティスマンはフランス語で「余興」という意味があり、バレエではストーリーに関係のない踊りのシーンのことをいいます。

第3幕はほぼディベルティスマンです。30分ほど、おとぎ話のいろいろなキャラクターが舞台に出たり入ったり。長靴をはいた猫や赤ずきんちゃんはコミカルなので、緩急かんきゅうがついていて見やすくなっています。

このシーンは振付師によって内容がかなり異なります。オリジナル性の高いシーンにもなっていて、登場人物をスッキリさせている場合も、逆に登場人物が多いこともあります。

宝石の踊り

宝石の踊りは基本的にどのバージョンにも入っていることが多いです。

英国ロイヤル・バレエ団より。とくに僕はこの曲が大好きです。というのもこの曲はディズニー版「眠れる森の美女」でも重要なシーンで使われています。踊っているのはヤスミン・ナグディです。また同じシーンにはマルセリーノ・サンベとマヤラ・マグリが登場しています。3人とも点在は英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルです。

ディズニー版「誕生日の準備」

曲がアレンジされ、アップテンポになっていきます。この曲が大好きで、初めてバレエ「眠れる森の美女」を見たときに感動してしまいました。と同時に曲が意外に短くてびっくりました。

青い鳥のパ・ド・ドゥ

ディベルティスマンの中でも注目は「青い鳥のパ・ド・ドゥ」です。グラン・パ・ド・ドゥ形式になっていて、超絶技巧ちょうぜつぎこうを見ることができるシーンです。男性ダンサーが青い鳥にふんし、女性ダンサーが塔に閉じ込められているフロリナ王女を演じます。

グラン・パ・ド・ドゥ

主役ダンサーによる、男女の踊りのことで、流れが決まっています。

アダージョ(2人の踊り)
ヴァリエーション(男性のソロ)
ヴァリエーション(女性のソロ)
コーダ(高いテクニックが必要な2人の踊り。一番盛り上がります。)

クライマックスで踊られるのが、グラン・パ・ド・ドゥです。

この「青い鳥のパ・ド・ドゥ」はかなり期待されている若手ダンサーが踊ることが多いので、要注目です。たまにトップダンサーが踊ることもあります。そうなると、オーロラ姫とデジレ王子、青い鳥とフロリナ王女の2組のトップダンサーをみれることになるので、かなりのお得感があります。

この「青い鳥のパ・ド・ドゥ」はダンサーが振付をしました。ダンサー自身の技術がふんだんに入っていて完成度が高かったため振付師のマリウス・プティパもそのまま採用せざるを得なかったようです。そのため、ダンサーのテクニックが堪能できるパ・ド・ドゥになっています。


(英国ロイヤル・バレエ団:最高位であるプリンシパルのヤスミン・ナグディ、マシュー・ボール。)

男性ダンサーは空中に留まる状態(バロン)をどれだけキープできるかが見どころです。さらにステップがかなり細かいため繊細なテクニックが求められます。

女性ダンサーは王女という設定ではありますが、どちらかというと鳥のような振付がたくさん入っています。ゆったりとした鳥の動きをするので、フロリナ王女を踊ることができれば「白鳥の湖」の主役であるオデットやオディールもイケる、と判断されるダンスになっています

グラン・パ・ド・ドゥ

主役であるオーロラ姫とデジレ王子の「グラン・パ・ド・ドゥ」が最高潮となります。振付もいろいろなバージョンがあるので、お気に入りの振付を見つけてください。この「グラン・パ・ド・ドゥ」はガラ公演(いろいろな作品の「グラン・パ・ド・ドゥ」だけを集めた公演)でよく見かけます。

「グラン・パ・ド・ドゥ」の前にたくさん踊りが登場するため、観客の目はかなり肥えた状態になっています。その状態でも圧倒的な存在感を示す必要があります。女性ダンサーが男性ダンサーに完全に身体を預ける振付もたくさん登場するので、かなりの信頼感が必要な危険なパ・ド・ドゥです。それをサラッと、余裕で踊ることが求められます。

吉田都さん、熊川哲也さん。僕は12:12~の振付が好きです。ちなみに、このステップがないバージョンもあります。ちなみに、ちなみに、吉田都さんはオーロラ姫を30代前半で封印してしまいました。それほど難しい役ということだと思います。

このグラン・パ・ド・ドゥのあと、大団円だいだんえんを迎え幕が閉じます。

DVD

4,000円ほど。アリーナ・コジョカルとフェデリコ・ボネッリ主演、英国ロイヤル・バレエ団の2006年映像です。アリーナ・コジョカルはじめスターがたくさん登場する安定感の高い映像です。

kazu

以上、バレエ「眠れる森の美女」第3幕の見どころポイントでした。
ありがとうございました。