jazz

ニューヨーク・シティ・バレエ団の公演はいつ見れる?
特徴は?
日本人ダンサー「KJ Takahashi」さんが在団している?

アメリカを代表するバレエ団である「ニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)」。モダンな雰囲気のバレエ団で、どことなく他のバレエ団とは違います…。そして何十年かぶりに日本人ダンサーが所属しました!

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「ニューヨーク・シティ・バレエ団の特徴」について紹介しています。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ニューヨーク・シティ・バレエ団の歴史や成り立ちについてはこちらをご覧ください。

4シーズン

ニューヨーク・シティ・バレエ団は1年を4つの期間に分けて公演を行っています。公演回数はとても多いです。

秋:フォール・シーズン

1年のはじまりは秋。9月中旬から公演スタートです。フォールシーズンと呼ばれ、ジョージ・バランシンの小さな作品を中心に1回の公演で3作品を上演します。10月には「フォール・ファッション・ガラ」という華々しいイベントが開催されます。

普段のディヴィッド・H・コーク劇場の内部です。

david h koch theaterの内部

Lincoln Center

この劇場が「フォール・ファッション・ガラ」ではこのように大変身!

ニューヨーク・シティ・バレエ、フォールガラ

The Kagency

クリスマス:ホリデーシーズン

クリスマス期間である11月下旬から12月末までは「くるみ割り人形」が上演されます。ニューヨーク・シティ・バレエ団のクリスマスといえば「くるみ割り人形」といわれるくらいジョージ・バランシン版「くるみ割り人形」は人気があります。

冬:ウィンターシーズン

1月~3月、ジョージ・バランシンの30分~60分ほどの短い作品を中心に、1回の公演で3作品を上演します。「白鳥の湖」や「眠れる森の美女」など物語バレエが上演されることもあります。

春:スプリング・シーズン

1年の終わりのシーズンです。4月~6月中旬までジョージ・バランシンの30分~60分ほどの短い作品を中心に、1回の公演で3作品を上演します。

2020年:デジタルシーズン

新型コロナウイルスの影響で2020年スプリングシーズン、フォールシーズンの公演が全部キャンセルされました。代わりとして「デジタル・スプリング・シーズン」「デジタル・フォール・シーズン」を発表しました。

youtube、facebook、ホームページで作品を発表しています。基本的に3日間限定で公開され、どんどんアップされています。無料でフルバージョンの作品を見られるとてもめずらしい試みです。

独特のルール

ニューヨーク・シティ・バレエ団には他のバレエ団とは違う特徴があります。それは、手の使い方です。指先をあまり広げず、できるだけ閉じたままにするのが特徴です。

ピルエットでは、手を胸の前でクロスするように使います。ふつう手の使い方は「大きな木をかかえるように」と指導されます。ですが、ニューヨーク・シティ・バレエ団のダンサーように手を体の近くに持ってくると回転が安定します。手を広げると遠心力で軸がブレやすくなりますが、手を体に近づけるとブレにくくなり、スピード感を持って、より多く回転することができます。

バランシンの作品は素早い動きが多いため、それに対応するよう工夫されています。

タイラー・ペック、チェイス・フィンレイによる「白鳥の湖」第3幕のパ・ド・ドゥです。手をかなり身体に近づけて回転しているのがわかります。

女性特有のルール

ニューヨーク・シティ・バレエ団は独特のルールが女性に対してあります。

女性特有のルール

・髪の毛は常にシニョン(お団子)を結べるよう長くすること
・バーレッスンの時からトゥ・シューズをはくこと
・挨拶するときは、ポイントにせず、後ろ脚のトウをドゥミ・ポワントにすること↓

ニューヨーク・シティ・バレエ団のお辞儀の仕方

バレエ団全員がこのルールを守っているので、独特の雰囲気があります。

日本人ダンサー「KJ Takahashi」が在団中

「KJ Takahashi」さんという男性ダンサーが2021年8月、正式にニューヨーク・シティ・バレエ団の団員として登録されました。

フリースタイルダンスの活動をしている「KJ Takahashi」さんと同一人物です。バレエも踊り、ストリートダンスも踊る。三浦大知ばりのダンスを踊る少年として有名になったこともあるスーパーオールマイティダンサーです。

堀内元さん以来の日本人です。堀内元さんは2000年あたりまでニューヨーク・シティ・バレエ団のプリンシパルとして大活躍してました。また、バレエダンサーをしながらブロードウェイの「キャッツ」にも出演していました。堀内元さん以降、外国人の在団サポートは積極的にしないとニューヨーク・シティ・バレエ団は公言しています。KJ Takahashiさんは幼少期からアメリカで生活しているということも在団できる大きな理由かもしれません。

ニューヨーク・シティ・バレエ団のKJ Takahashiさん

danceviewtimes

KJ Takahashiさんはこれから活躍するであろう大型新人です。ぜひニューヨークに行った際にはチェックしてみてください。

kazu

「ニューヨーク・シティ・バレエ団の特徴」でした。
ありがとうございました。