jazz

マクミラン版「ロミオとジュリエット」第2幕のあらすじは?
みどころポイントは?

「ロミオとジュリエット」が悲劇に転がり落ちはじめる第2幕。思いがどんどんすれ違っていく悲しいシーンの連続です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

kazu

今回はケネス・マクミラン版「ロミオとジュリエット」第2幕のあらすじと見どころポイントを紹介していきます。

※3分ほどで読み終わる記事です。

第2幕

第1幕に関してはこちらをどうぞ。

第2幕(35分)は、ロミオとジュリエットが出会った次の日(2日目)の出来事です。重要人物の死によって物語が悪い方向へ動きはじめます。

主なキャラクター

キャピュレット家

ジュリエット
ティボルト:ジュリエットのいとこ
パリス:ジュリエットの婚約者
キャピュレット卿:ジュリエットの父
キャピュレット夫人:ジュリエットの母
乳母:ジュリエットを支える存在
ロザライン:ロミオが一目惚れする

モンタギュー家

ロミオ
マキューシオ:ロミオの友人
ベンヴォーリオ:ロミオのいとこ
三人の娼婦:ロミオと仲がいい

そのほかの登場人物

ローレンス神父:結婚をとりしきり、毒を手配する
エスカラス(ヴェローナ大公):ヴェローナを統治

広場にて

ロミオ以外のみんなが広場でいつもどおり騒いでいる。そんな中ロミオが登場。ですがいつもと違い、娼婦たちにつれないロミオ。

ここで街の住人の結婚式が行われる。そして乳母が登場し、ロミオにジュリエットに手紙を届ける。手紙を受け取ったロミオは急いでジュリエットのもとに向かう。

ポイント

広場のシーンでは群舞の踊りが華やかに踊られます。コミカルな場面も多く、楽しいシーンです。そしてマンドリンダンスという道化に扮した男性ダンサーたちの見せ場のシーンも登場します。

結婚

ローレンス神父のいる教会でロミオとジュリエットは秘密の結婚式をあげる。

ポイント

とても質素な教会で、たぶんふたりがふだん通う教会とは違う教会に行っているのではないか、と思わせるような雰囲気です。

マキューシオとティボルトの決闘

そして広場のシーンに戻ってくる。ここでちょっと酔っ払ったティボルトが登場。そしてまた戦いがはじまる。ティボルトを挑発するマキューシオ。ここで結婚式を終えたロミオが帰ってくる。

ジュリエットと結婚したことで親戚になったという自覚があるロミオはティボルトと戦おうとしない。どうにかマキューシオとティボルトの決闘をやめさせたいロミオ。これが逆に災いし、ふだんなら絶対にやられないようなひと振りでマキューシオがティボルトに致命傷を受けてしまう。マキューシオは絶命する直前、ロミオとティボルトを指差し両家のおろかさをののしる。

親友を失ったロミオ。頭に血が上りティボルトに一気に襲いかかる。そして、ティボルトを殺してしまう。ここでジュリエットの母が登場し、まるで自分の息子が死んだかのように悲しむ。自分のしたことを悔い、ジュリエットのお母さんにすがるロミオ…。

ポイント

ロミオの親友マキューシオと、ジュリエットのいとこであるティボルトが死ぬシーンです。ティボルトに殺されるマキューシオ。ロミオに殺されるティボルト。ふたりの死により急激に悲劇へと転がり落ちていく重要なシーンです。

このシーンはとにかくマキューシオの熱演が光るシーンです。致命傷をおった後も、ふざけてみせたりと、個性にあふれています。このシーンからダンスよりも演劇的なシーンがどんどん増えていきます。


(アンヘル・コレーラ:ロミオ)

めがね

実は裏設定があるという説もあります。ジュリエットのお母さんはティボルトと不倫関係にあるという設定です。ジュリエットのお母さんはティボルトがロミオに殺され半狂乱状態に…。

ジュリエットのお母さんの嘆きで2幕が重々しく終わります。

映画版「ロミオとジュリエット」

ケネス・マクミラン版「ロミオとジュリエット」を映画版が2020年に制作されました。舞台版よりも短く90分の作品でとても見やすいので予習にピッタリです。

配信レンタル版は500円。DVDは通常版、ブルーレイ版ともに4,000円ほどで、1時間の特典映像がついています。

kazu

今回はケネス・マクミラン版「ロミオとジュリエット」第2幕のあらすじと見どころポイントでした。
ありがとうございました。