アニメ『舟を編む』2016年:内容と解説(辞書づくりアニメと天職)
jazz

『舟を編む』( 2016年)の内容は?
特徴は?
見どころは?

天職に出会うと人はどうなるのか……。

『舟を編む』は辞書づくりを通し、人生の歩み方について考えてしまうアニメです。

記事を書いているのは……

元劇団四季、テーマパークダンサー。社割を使えたときは週2回 映画館へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

kazu

今回は、『舟を編む』( 2016年)のあらすじ・感想・特徴についてです。

※ 3分ほどで読み終わります。

それぞれの美しさ

「右を説明しろと言われたらどうする?」

三浦しをん著『舟を編む』。はじまりの問いです。

文庫版は、700円ほどです。

『舟を編む』は、「辞書づくり」をテーマにした作品で、小説からはじまり、映画化、アニメ化、テレビドラマ化されています。

やはり、小説が 1番です。

ですが、それぞれに良さがあります。

映画版は、松田龍平、オダギリジョー、宮崎あおい、小林薫、加藤剛さんが出演し、キャスティングがとてもハマっています。

ただ、時間が短い分、物足りなさがあります。

4,000円ほど。

アニメ版は独自の解釈が加わり、かつ表現が豊かでハマってしまいました。

本を読んでいるような気分になります。落ち着いている作品ですが、内に秘めた情熱をたっぷり感じることができます。

キレイな作画、のんびりした雰囲気が漂いつつ、パリッとした空気感のあるアニメです。

『 舟を編む 』あらすじ

1995年、玄武書房の辞書編集部。大型辞書『大海渡だいとかい』の編集作業が進んでいる。

辞書編集部には、主任の荒木、編集部員の西岡、契約社員の佐々木さんの 3人しかいない。この 3人に監修の松本教授が加わり、4人で辞書をつくっている。

主任の荒木の定年が近くなり、新たな人材を探さなければいけない。

本屋でぶらぶらしている西岡。そこで不器用に営業する馬蹄まじめ光也みつやを目にする。馬締を追いかけ、話しかける西岡。

そこで「空気を読め」とアドバイスをする西岡。

すると突然、馬締が「空気」という言葉を定義しはじめる。

辞書編集者は「気長で細かい作業をいとわず、言葉に耽溺たんできし、しかしおぼれきらず、広い視野をも併せ持つ」資質が求められる。

(耽溺 ・・・ それ以外目に入らないほど夢中になること)

話を聞いた荒木が馬締を探し、「右」の説明させる。

すると馬締の表情が水を得た魚のようにガラッと変わる。

辞書づくりの適任者が馬締だと確信する。

キャスト

役名:俳優

馬締光也:櫻井孝宏
西岡正志:神谷浩史
香具矢かぐや:坂本真綾
荒木公平:金尾哲夫
松本朋佑ともすけ:麦人
佐々木薫:榊原良子
岸辺みどり:日笠陽子

豪華な声優陣です。

評価

原作:三浦しをん
キャラクター原案:雲田はるこ
監督:黒柳トシマサ
制作:ZEXCS

アニメ版(2016年)は 11話あるので、かなり丁寧に描写されています。

アニメ「舟を編む」のあにこれでの評価

「あにこれ」より

エンディングの後、おまけのシーンが入っているので飛ばさないよう注意です。

2024年、岸辺みどりを主人公にしたテレビドラマ化もされています。

言葉遊び

難しい言葉もたくさん出てきますが、それと同時に言葉の美しさ、言葉の力を感じられるアニメです。

タイトルも、辞書の名前「大海渡」も洒落ています。

アニメでは各話のタイトルも凝っています。

第一話:茫洋ぼうよう・・・ひろびろとしている(目当てがつかない)

第二話:逢着ほうちゃく・・・でくわすこと

第三話:恋

第四話:漸進ぜんしん・・・順を追って着実に進むこと

第五話:揺蕩うたゆたう・・・気持ちが定まらず決めかねる

第六話:共振・・・振動が重なることで振動の幅が大きくなる

第七話:信頼

第八話:編む

第九話:血潮ちしお・・・(流れ出る)血。比喩的に、情熱

第十話:矜持きょうじ・・・プライド。(きんじとも読む)

最終回:ともしび・・・世を照らすもの

難しい言葉も多く登場しますが、同時に言葉の美しさを感じられます。

作品中には聞き慣れない言葉も登場し、ときに深く心に残ります。

例えば、「邂逅かいこう」という言葉。

「邂逅」という言葉を初めて見た時、すごく心に残っていたのを覚えています。「邂逅」はアメリカドラマ『 4400 』のエピソードタイトルになっていました。ときどき「邂逅」という言葉を見かけることがありますが、そのたびに『 4400 』を思い出します。

シーズン 1がオススメです。

「大渡海」

辞書のタイトルは「大渡海」です。

茫漠ぼうばくとした、言葉の海。海を渡る術を持たない、僕たちは、そこでただ、たたずむ。誰かに届けたい想いを、言葉を、胸の奥底にしまったまま。

辞書とはその海を渡る、1艘の船だ。

アニメ『舟を編む』より

「言葉の海を前に佇む人の、心を、想いを運ぶために、ぼくたちは舟を編む。言葉の海を渡る大渡海という舟を」

アニメの特徴:ダブル主役

天職を見つけた馬締くんが主人公です。

アニメ版では西岡さんが主役級の扱いになっていて、小説に近い構成になっています。

編集が得意:馬締くん
営業・外回りが得意:西岡さん

馬締くんが「右」の説明をした時、適任者であることを西岡さんも感じます。

力の差を見せつけられたとはいえ、西岡さんは流行の言葉に敏感です。

1995年、「空気を読む」という言葉は広く使われていませんでした。馬締くんが「空気」を定義するのは、この言葉に初めて出会ったからだと思います。

馬締くんが編集部に来たのは、西岡さんが「空気を読む」という言葉を使ったからこそ。

西岡さんがいなければ馬締くんが辞書編集部に来なかったことを思うと、なかなかにツライです。

西岡さん

西岡さんはコミュニケーションもしっかりとれるし、器用なタイプです。一方、馬締くんほど個性的な人物は、イイ意味でも悪い意味でも目立ちます。

西岡さんは、すべてのことを卒なくこなします。ですが、ちゃんと悩みもあります。ただ、社会では悩みの大きい順に問題が解決されていきます。

西岡さんみたいなタイプは後回しになってしまいます……。

人生とは不公平なものなので、こういうタイプの人は自分で切り開かなければならない。

とはいえ、しっかりと人生を切り開いていきます。

時代に合わせた変化

2009年に小説が発表され、2013年に映画化されました。アニメ化されたのは 2016年です。

小説から少し時が経ち、それに合わせてアレンジされていることに好感を持ちました。

ふつうは交わらないタイプの違う 2人。お互いに助け合う関係になるまでの過程が丁寧です。

8話目のエピソードで驚きの展開が待っています。僕は小説で読んでいたので違和感がありませんでした。少し賛否両論ある展開で、驚いた人も多かったみたいです。

6,000円ほど。

日本語版はデラックス仕様 DVD( 20,000円 )ほどの発売しかないため、外国語版(日本語収録、英語字幕もつけられる)がオススメです。

第 1 話 ~ 第 5 話:ダイジェスト動画

第 5 話までのダイジェスト動画です。

ネタバレもあるので注意してください。

ここからは、第 3 話までのあらすじと感想です。少し長いです。

『 第 1 話:茫洋 』あらすじ

配信のリンクです。

馬締は営業部に所属しているが、完全に行き詰まっている。

一方の荒木は玄武書房内で辞書編集部に必要な人材を探し回っている。しかし、みんな辞書編集部には行きたがらない。

辞書編集部は日陰の存在である。辞書編集部は玄武書房の別館にあり、少し奥まった場所に位置していることからもわかる。

そんなとき西岡が馬締の話を荒木にする。荒木はいてもたってもいられず、馬締を探しに営業部に行く。そこで、荒木は人に聞かずとも馬締が誰かわかってしまう。

辞書編集者を探すポイント

気長で細かい作業をいとわず
言葉に耽溺たんできし、しかし溺れきらず
広い視野をも併せ持つ

荒木は「右」の説明を求める。

馬締が「右」を説明する前、水を得た魚のように表情がガラッと変わる。

そして、辞書の適任者が馬締だと確信する。

感想

一番最初のシーンで荒木と松本先生が辞書との出会いを話します。

「エッチな言葉を引くというところから始まった」

そして、辞書のタイトルが明らかになります。

大渡海だいとかい

最後にこんな説明が……。

言葉の海を前にたたずむ人の、心を、想いを運ぶために、
ぼくたちは舟を編む
言葉の海を渡る大渡海という舟を

ひとつ気になるのは、どの神の動きがあって、馬締くんが営業部に採用されたのか。

そして、馬締くんは猫の名前を「さん」づけにします。

『 第 2 話:逢着 』あらすじ

配信のリンクです。

中華料理屋で馬締の歓迎会がおこなわれている。それぞれの辞書の出会いを披露する。そして「大渡海」への想いを話す。

荒木から馬締へ辞書の仕事の引き継ぎが行われる。「大渡海」の完成まで少なくとも 10年かかることが伝えられる。

荒木は馬締が辞書づくりに適任であることをさらに確信していた。一方の馬締は、辞書編集の仕事が自分に合っていると思いつつ不安もある。

大家さんに不安を話す。今までの営業はひとりでする仕事だった。しかし、辞書づくりはチームで協力する必要がある……。

その夜、猫のトラさんを探しにベランダに出た馬締。

その時、月夜に照らされた香具矢かぐやと出会う。

感想

中華料理屋のシーン。映画版には出てきません。

めがね

映画版で中華料理屋のシーンがないのは残念でした。

本で読んだとき、中華料理屋がとても印象に残っていました。

飲み会でも不器用な馬締くん。西岡さんと並ぶとさらに際立ちます。

そんな中、馬締くんが通勤時間のエスカレーターに乗る人たちについて語ります。

エスカレーターに乗る人たちの動きが美しい……。まるで誰かに操られているかのように、全員が美しくエスカレーターに入っていく。

時代設定は 1995年です。当時スマホはありません。今はその光景をみることがなかなか難しくなりました。

アニメの中で美しいのが、「言葉」を表現する映像です。ぜひアニメで確かめてみてください。

そして西岡さんにとって試練がおとずれます。荒木さんと馬締くんのやりとりをたまたま聞いてしまう西岡さん……。

本来なら西岡さんにかけられるべき言葉が馬締くんに向けられます。この時の西岡さんを思うと胸を締め付けられました。

そもそもは辞書づくりに真剣さを出していなかったことに原因はあります。そう思うと自業自得なんですが、天職を見つけた馬締くんと、なぜここにいるのかイマイチわからない西岡さん……。

とはいえ、周りのみんなが西岡さんのことをわかっていないわけではありません。評価されてはいます。ですが、馬締くんの方が適任なのです。

これをどう捉えるかで、作品の見方がガラッと変わるんじゃないかな、と思います。

最終シーン、香具矢さんとの出会いは月明かりのもと。かぐや姫のようで、大きな月との対比が素敵です。

『 第3話:恋 』あらすじ

配信のリンクです。

月夜に佇む香具矢。馬締にとって人生で初めての恋。

香具矢は、大家さんの孫。板前の修業のため同居することになる。馬締は緊張で一言も話すことができない。

なんだかんだいって世話好きな西岡。西岡はとにかく鋭い。

馬締が恋をしていることにすぐに気づいてしまう。その流れから恋愛話になり、香具矢の店へ行くことに。

もともと西岡は馬締のまじめな態度に好感を持っている。しかも馬締くんの辞書づくりの能力は、認めざるを得ない。それに加え、恋愛話で 2人の仲が深まっていく。

最後、「大渡海」の出版が中止になるかもしれないという話を西岡が聞いてしまう。

感想

馬締くんと西岡さんがいいコンビネーションを発揮しはじめる回です。全話の中で、一番好きな回です。

コミュニケーションを苦手とする馬締くんが変わりはじめ、要領のいい西岡さんが真剣に仕事と向き合いはじめます。

タイプがあまりにも違うふたり。

言葉をたくさん知っていてもそれをうまく使いこなせない馬締くん。

対照的に言葉回しのうまい西岡さん。

プライベートでは決して交わらないふたりが一緒になることで不確定な成長につながります。

この 2人のやりとりがとてもイイ。西岡さんのおちゃらけさもすごく好きでした。

そして、辞書づくりに関し松本先生が興味深い話をします。

「実は辞書をつくっている人は空想で言葉を定義している場合が多い」

実体験があればもちろんいいけれど、そうでなくても定義できてしまう。

この言葉を聞いたからこそ、馬締くんは「西岡さんの言葉の感覚」を取り入れたいとさらに思ったように感じました。

辞書づくりは人間にとってかなり重要な仕事です。

言葉を話すのは人間だけ。

その助けとなるのが辞書です。おもしろいのが、辞書づくりの最適任者である馬締くんは実生活で言葉をうまく使うことができない。

人生の不思議さを感じてしまうのでした。

以上、紹介でした。

アニメ版を見ると、小説版の理解も深まるのですごくオススメです。

DVD

動画配信サイトを使えばお得に見ることができます。

無料期間などでぜひ試してみてください。

kazu

今回は、アニメ『舟を編む』についてでした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。