jazz

2013年に公開されたミュージカル映画は?

2013年は「アナと雪の女王」「はじまりのうた」「ティーン・ビーチ・ムービー」が公開されています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

kazu

この記事は「2013年に公開されたミュージカル映画」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

アナ雪、はじまりのうた【2013年】ミュージカル映画まとめ

2013年に公開された作品はこちらです。

2013
「愛するがゆえに」(Aashiqui 2)
「はじまりのうた」(Begin Again)
「クリスマスの贈り物」(Black Nativity)
「アナと雪の女王」(Frozen)
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(Inside Llewyn Davis)
「マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズ」(My Little Pony: Equestria Girls)
「ソウルガールズ」(The Sapphires)
「ティーン・ビーチ・ムービー」(Teen Beach Movie)
「シンガポール・グラフィティ」(That Girl in Pinafore)
Lovestruck: The Musical
RooFToP(天台)

ここから日本で公開された作品を紹介していきます。(本国での公開年となっています。)

「愛するがゆえに」(Aashiqui 2)

出演: アーディティヤ・ローイ・カプール 、 シュラッダー・カプール
監督: モーヒト・スーリー

インド版「スター誕生」です。スターから転落しかけている男が、田舎のバーで歌手に出会う。男はその歌声にスター性を見出し彼女のサポートに全力を尽くす。(DVDは現在日本で発売されていません。)

1990年のインド映画「Aashiqui」の続編ですが、1と2につながりはありません。

『Chahun Main Ya Naa』

『Chahun Main Ya Naa』。ふたりの関係がグーッと近づく運命の歌です。

「はじまりのうた」(Begin Again)

出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レビーン(マルーン5)
監督:ジョン・カーニー

ミュージカル映画の監督として名高いジョン・カーニーが初めてスターを起用した作品。落ち目の音楽プロデューサーと、挫折を味わった女の子の再起の物語。元気がないときにオススメの映画です。

低予算で音楽CDをつくるためにニューヨークのいたるところで楽曲を制作していく過程が素晴らしいです。

『Lost Stars』アダム・レビーン版

「Lost Stars」のアダム・レビーン版です。映画ではキーラ・ナイトレイも歌っています。人生にさまようひとに捧げた歌です。

「クリスマスの贈り物」(Black Nativity)

出演:フォレスト・ウィテカー、アンジェラ・バセット、タイリース・ギブソン、ジェニファー・ハドソン、メアリー・J・ブライジ
監督:メアリー・J・ブライジ

クリスマスにまつわる家族愛の話を黒人社会を通してえがいた作品。ジェニファー・ハドソンの歌声がとにかくスゴいです。

ゴスペルの持つパワーを強烈に感じる作品です。

予告編

『Be Greatful』という曲は、ジェニファー・ハドソンのパンチのある歌声を堪能できます。

「アナと雪の女王」(Frozen)

出演:イディーナ・メンゼル(松たか子)、クリスティン・ベル(神田沙也加)
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー

王子様とお姫様の愛の力で乗り越える、というディズニーが作ってきた価値観を打破した作品。『Let it go』が大ヒットし、ディズニーの歴史に残る作品になりました。

『Do You Want To Build A Snowman(雪だるまつくろう)』

『Do You Want To Build A Snowman(雪だるまつくろう)』。当初の想定ではなく採用されたオープニングナンバー。純粋で泣けるナンバーです。ディズニー・チャンネルのヤングスターたちによるバージョン。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(Inside Llewyn Davis)

出演:オスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッドマン、ギャレット・ヘドランド、ジャスティン・ティンバーレイク
監督:コーエン兄弟

フォークソングを題材にした夢追い人の話。でも夢だけでは食っていけない。理想と現実のあいだで揺れ動く芸術家。暗いトーンで話が進んでいきますが、コーエン兄弟のユーモアも健在しています。

『Please Mr. Kennedy』

『Please Mr. Kennedy』。スターウォーズで共演していたオスカー・アイザック(ポー・ダメロン役)とアダム・ドライバー(カイロ・レン役)が歌で共演しています。

「マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズ」(My Little Pony: Equestria Girls)

出演:タラ・ストロング(沢城みゆき)、アンドリア・リブマン(三森すずこ)
監督:ジェイソン・ティエッセン

「マイリトルポニー フレンドシップイズマジック」シリーズ初の映画版。ポニーが擬人化されていて賛否両論あった作品です。

『Big Night』

アメリカの高校のダンスパーティーを曲にした『Big Night』。曲はポップで楽しいです。

「ソウルガールズ」(The Sapphires)

出演:クリス・オダウド、デボラ・メイルマン、ジェシカ・マーボイ
監督:ウェイン・ブレア

1960年代オーストラリア。先住民族アボリジニの3姉妹グループ「サファイアズ」の実話をもとにした映画。人種差別、音楽愛を描いた評価の高い作品です。

「ハイっ、こちらIT課!」というコメディシリーズで主演していたクリス・オダウドの存在感も光っています。

予告編

アボリジニの彼女たちが歌うソウルは黒人に受け入れられるのか…。

「ティーン・ビーチ・ムービー」(Teen Beach Movie)

出演: ロス・リンチ、マイア・ミッチェル、グレイス・フィップス、ギャレット・クレイトン
監督:ジェフリー・ホーナデイ

ディズニー・チャンネルの子役スターたちによるオリジナルムービー。「ウェット・サイド・ストーリー」という映画の世界に迷い込んでしまう主人公たち。果たして戻れるのか…。

「ウエスト・サイド・ストーリー」と「グリース」を足して2で割ったような物語で、導入は「カラー・オブ・ハート」に似ています。ミュージカルファンには「あ、みたことある」と思うようなシーンも多くなっています。

『Surf Crazy』

『Surf Crazy』。自己紹介のシーンは「ヘアスプレー」の『The Nicest Kids in Town』にオマージュをささげています。

「シンガポール・グラフィティ」(That Girl in Pinafore)

出演:ダレン・タン、ジュリ-・タン
監督:ツァイ・ユィウェイ

1990年代、シンガポールの若者たちの青春を、たくさんの音楽で表現した映画です。

シンガポールのポップソングがふんだんに使われた映画です。日本では福岡国際映画祭2013で公開されました。ただ映像化などはされていません。

『Ma Que Xian Zhu Zhi』

kazu

今回は「2013年に公開したミュージカル映画」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。