jazz

ジャズダンスはいろんなダンスを吸収した?
ニューオーリンズが関係している?
ジャズミュージックに合わせたダンスがジャズダンス?

前回は年まで紹介し、「ジャズダンスはアフリカがルーツ」と紹介しました。

1900年代にジャズミュージックが発展し、1917年にジャズダンスが定義されます。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ジャズダンスを勉強中

kazu

今回は「1900年代~1910年代のジャズダンスの歴史:ジャズダンスの本当の意味」に関してです。

※3分ほどで読み終わります。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

ジャズダンスの歴史(1900年代~1910年代)ニューオーリンズにて

1900年代

1900年代、ジッグダンス、ソフトシューダンスが各地で独自に発展していきます。

ジャズダンスの歴史の流れ(1900年代~1930年代のアメリカ)

スイング

ボードビルショー(踊り、歌、手品、漫才が一緒になった舞台)がエンターテイメントの中心となり、1928年には1000を超える劇場がアメリカにあったと記録されています。

中でもスイングするダンサーに人気がありました。

リズムで遊び、緩急をつけ、わざとリズムを外したりするオシャレなスタイルのことをスイングといいます。

1920年代ころから活躍したベリー兄弟の映像です。少し時代が先なので、さらにテクニックが進化しています。

ジャズミュージック

ニューオリンズでディキシーランド・ジャズ(ニューオリンズで発達したジャズ)、テンポの速いラグタイムが登場します。

ラグタイム (ragtime)

黒人音楽に強い影響を受けた音楽ジャンル。 ジャズのルーツのひとつであり、リズムのシンコペーション(強調。規則正しいリズム進行から外れること)に大きな特徴がある

ちなみにこのときジャズのスペルは今の「Jazz」ではなく「Jass」でした。

モダンダンス(ヨーロッパ)

アメリカ出身のイサドラ・ダンカンが1900年頃にヨーロッパに渡ります。バレエの様式美に否定的だったイサドラ・ダンカンは、自由な舞踊をはじめます。

これがモダンダンスのはじまりで、イサドラ・ダンカンがモダンダンスの祖です。

振付師やダンサーに大きな影響を与え、ダンスに変革を起こしました。もちろんジャズダンスにも影響を与えます。

イサドラ・ダンカンは大のカメラ嫌いだったため、映像は隠し撮りされた1本しか残っていません。それがこちら。

また、メソッド(方法論)がなかったため、イサドラ・ダンカンの踊りは残っていません。

1910年代

ジャズミュージックと、それに合わせたダンスは第1次世界大戦(1914年-1918年)ごろまでにアメリカにゆっくり浸透していきます。

特に南部にいたアフリカ系アメリカ人が産業革命により、北部に移動していきます。こうして北部にアフリカ系アメリカ人の文化が広がっていきます。また、ラジオやレコードの登場でジャズミュージックが広がります。

フォックストロット

1913年、ハリー・フォックス(Harry Fox) が、マネージャーを務めていたダンスホール「ジャルダン・ドゥ・ダンス(踊りの庭園)」で自分の名前をつけた「フォックストロット」を発表します。

実はジッグダンス、ソフトシューダンスにルーツを持ち、現在では社交ダンスとして定着しています。

フォックストロットだけでなく、タンゴ、ブルースも黒人にルーツがあり、イギリス人が様式美を加え洗練されたステップに変化させました。

またこの時代に流行した、ターキー・トロット、グリズリー・ベア、バニー・ハッグ、フィッシュ・テール、キャメル・ウォークといったステップも黒人にルーツを持ちます。動物の動きをマネしたステップはアフリカンダンスの特徴です。

そして今度は逆にヨーロッパからアメリカにモダンダンスが入ってきます。

モダンダンス(アメリカ)

1915年、ルース・セント・デニスは夫のテッド・ショーンとともに「デニショーン」という学校と舞踊団をロサンゼルスに設立します。カップルの名前を組み合わせた学校名です…。

数多くの伝説的なモダンダンサーがこの学校を卒業します。

ちなみにルース・セント・デニスは日本舞踊からも大きな影響を受けています。日本人舞踊家である貞奴さだやっこの踊りから東洋舞踊の研究も行っていました。

のちにジャズダンスにも大きな影響を与えるようになるモダンダンス。日本舞踊のテクニックもジャズダンスに吸収されます。

ただ1910年代、モダンダンスはアメリカではあまり受け入れられませんでした。そのため、モダンダンスの下地があるヨーロッパで公演を多く行っています。アメリカでは1920年代後半頃から徐々にモダンダンスが受け入れられるようになっていきます。

1930年代になるとオリエンタルスタイルが盛り上がります。バレエと黒人ダンス以外が取り上げられるようになり、ジャズダンスに大きく影響します。

デニショーン学校の生徒は、マーサ・グラハム(モダンダンス)、ジャック・コール(ジャズダンス)が有名です。

伊藤道朗みちお

ジャズダンスの発展に欠かせない日本人がいます。それが伊藤道朗みちおです。名前から分かる通り日本人で、イトウミチオと表記されることが多いです。

伊藤道郎(イトウミチオ)ジャズダンスに大きな影響を与える

早川書房より

ミチオはモダンダンスを専門とし、マーサ・グラハム、ホートンといったモダンダンスを支えた人物たちと肩を並べます。

ヨーロッパ時代を経て、1918年(26歳)ニューヨークにダンススタジオを開きます。その後ロサンゼルスに拠点を移しますが、第2次世界大戦で日本に帰国。

アメリカ在住時に4,000人のダンサーにモダンダンスのテクニックを教えました。この生徒たちがジャズダンスの流れを作っていくことになります。

日本舞踊のシンプルな動き、シンプルな軌道を特徴としつつ、ヨーロッパのモダンダンスの身体の動きが混ざり合っています。

1917年:ジャズダンス誕生

1917年はジャズ誕生年です。

ニューオリンズを拠点に活動した白人ジャズバンド「オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド」。彼らがジャズのスペルを「Jass」から「Jazz」に変更したのが1917年。

以降ジャズは「Jazz」と呼ばれるようになり、浸透していきます。

そのため1917年がジャズ誕生の年で、かつこのジャズミュージックに合わせたダンスがジャズダンスとなりました。

ニューオリンズの黒人たちの間で踊られていたジッグダンス、ソフトシューダンスにヨーロッパを中心としたダンスが混じり合うことでできあがったのが「ジャズダンス」です。

ジャズダンスのルーツは、これまで紹介した通りアフリカまでたどることができ、アフリカのリズムが欠かせない要素となっています。

その後、白人のジャズダンスも登場しますが、区別する場合、ユーロ・ジャズダンスと呼びます。

全米に広がる

1920年代の終わりまでにニューオリンズで生まれたディキシーランド・ジャズ、ラグタイムはアメリカに広がり、シカゴやニューヨークでも発展していきます。

ニューオリンズはアメリカの中でも大規模なプランテーション農家が多い地域で、黒人奴隷が多くいました。そのためアフリカ人奴隷の音楽、ダンスがしっかり伝わっていきました。

ジャズダンスがニューオリンズからアメリカ全土の主要都市へ

@arthist_101より

ニューオリンズからアメリカの主要都市に広がり、ヨーロッパにまで広がっていきました。

この当時のジャズダンスは今も残っています。そのため、ジャズミュージックに合わせて踊るジャズダンスを「ジャズダンス」といっても正解です。

そして、この時代を起点にジャズダンスが枝分かれしていくことになります。

なぜニューオリンズから?

白人と黒人奴隷のあいだに子供が生まれることがありました。その子どもたちは黒人としてあつかわれます。しかし、ニューオリンズではそのこどもたちを「白人」としてあつかっていました。そのため、その子どもたちは教育を受けることができました。

この環境があったからこそジャズミュージック、ジャズダンスが発展してくことになります。白人と黒人、両方のルーツを持つ子どもたち。音楽的なセンスを持ち、白人社会でも発言権があります。そんな子どもたちや仲間の黒人たちが自由に演奏やパフォーマンスをおこなっていました。

ダンサー体型を目指す筋トレ・体幹トレ

ダンス上達のために身体づくりは欠かせません。身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

ダンサーのような軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

ルーティーンを持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ダンサー体型を目指すトレーニング情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「ジャズダンスの登場とその定義」の紹介でした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら↓