jazz

美しい足のラインとは?
カマ足に注意?
ルティレ(パッセ)、スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)とは?

ジャズダンスもバレエ同様、足先の美しさがとても重要です。まっすぐ伸ばすだけではなく、その人に合った美しいラインがあります。

そして、その延長にあるのがルティレ(パッセ)、スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

kazu

今回は「美しい足のライン、カマ足に注意、ルティレ(パッセ)とスュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)」の解説です。

※3分ほど読み終わる記事です。

かま足(バナナ足)に注意

足首から先が内側に入ってしまうことをバレエでは「カマ足(バナナ足)」と呼びます。

かま足としっかり伸びた足の違い(バレエ、ジャズダンス)

「Natalie Danza」より

バレエやジャズダンスの足のラインの目安

バレエではふくらはぎの内側のラインの延長上に甲の内側のラインがくるようにします。このラインよりも内側に入ってしまうとカマ足と呼ばれてしまうので注意しましょう。ただしカマ足を直すのはなかなか大変です。とくに男性の場合、足首が硬くカマ足になってしまうケースが多いです。カマ足を直すには、足首を柔軟にしつつ、かつ鍛える必要があります。

バレエやジャズダンスでは足首が柔らかいほどラインがキレイになっていきます。それが右側の足首です。足首が柔らかいと目の錯覚で、足がかなりキレイに見えます。例えば2人のダンサーが同じ高さに足を上げているとします。このとき、足先柔らかいダンサーの方の足が高く上がっているように見えます。

バレエダンサーは柔らかい足首を目指す傾向にありますが、これにはデメリットがあります。足首が不安定になってしまい捻挫しやすくなったり、コントロールするためには筋肉を強化しなければイケない点です。

自分の足首の状況と合わせて、理想のラインを目指していきましょう。

足首を鍛える動画

足首を鍛える動画をご紹介します。指先を鍛える2種類のエクササイズが紹介されていますが、足首にもイイ影響が出るのでオススメです。

①足を床にしっかりつけて指をグーパー(2分間)
②足を床にしっかりつけて土踏まずだけを上げる(片足2分ずつ)

スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)

つま先をくるぶしにつけるスュル・ル・ク・ド・ピエをご紹介します。

スュル・ク・ドゥ・ピエ(仏:sur le Cou-de-pied)

フランス語で「足首の上に」という意味。ちなみにクッペ(仏:coupe)は「切る」という意味です。

この動きはク・ド・ピエと言ったり、クッペとも呼ばれます。スュル・ル・ク・ド・ピエはポジションを指し、クッペは足首に持ってくる動きを指しますが、日本ではほぼ同じ意味で使われ、ジャズダンスではクッペのみ使われます。

この動きでとくに重要なことが先ほど紹介したつま先までしっかり伸ばし、カマ足にならないようにすること、そしてターンアウトをしっかり意識することです。

ク・ド・ピエは前と後ろでポジションが若干変わります。前のク・ド・ピエはつま先を軸足のくるぶしにくっつけます。このときにカマ足にならないように注意です。

前のスュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)

「The Whole Pointe」より

後ろのク・ド・ピエは2種類方法があります。

後ろのスュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)

「The Whole Pointe」より

まずは左側のように足の裏を軸足でくるむような方法です。この方法を行うには足首が柔らかくないとなかなか難しくなります。(足首を包み込む方法が前パッセとしている場合もあります。)

2つ目の方法だと少し楽になります。こちらは足首と足首をくっつけます。ただし、ルルヴェ(つま先立ち)したときにバランスを取るのが少し難しくなります。

ルティレ(パッセ)

スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)をヒザまで持ち上げたポジションがルティレです。ルティレはパッセとも呼ばれます。ルティレはポジションを指すのに対し、パッセは動きを指します。日本では同じ意味で使われることが多く、とくにジャズダンスではパッセという言葉のみ使われます。

ルティレ(仏:retire)

フランス語で「引き上げた」という意味。ちなみにパッセ(仏:passe)は「通過する」という意味です。

もともとバレエにこのルティレというポジションはありませんでした。美しさを追求し、足首につけていた足がヒザまで上がってきたことでルティレが生まれます。

スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)のヒザの位置は中心軸に近いのに対し、パッセのヒザは中心軸から離れた位置にあるのでバランスを取るのが難しくなります。スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)同様、つま先までしっかり伸ばし、カマ足にならないようにすること、そしてターンアウトをしっかり意識することです。

パッセには3種類あります。つま先をヒザの前につける方法、後ろにつける方法、そして両足を前にそろえてそのままヒザでつま先を上げる方法です。

バレエのパッセとジャズダンスのパッセの違い

「The Whole Pointe」より

3つ目のジャズパッセは、ジャズダンスで多用されますがバレエにも登場します。前パッセと後ろパッセはターンアウトを意識し、外側に引っ張り合います。それに対しジャズパッセでは内ももを締める意識でバランスをとっていきます。

トレーニング

スュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)のトレーニングです。

ルティレ(クッペ)のトレーニングです。

おすすめの資料

日本を代表するバレエダンサーである吉田都さんによるレクチャー本です。DVDつきもあります。すごく丁寧な解説がついているので、ぜひ活用してみてください。

本のみで2,000円弱。DVDつきだと8,000円ほど。

さらに深めたい場合

解剖学のアプローチから科学的にダンステクニックを紹介している本です。かなり詳しく書かれているので一度目を通すのもイイと思います。

2,500円ほどです。

kazu

今回は「美しい足のライン、カマ足に注意、ルティレ(パッセ)とスュル・ル・ク・ド・ピエ(クッペ)」のご紹介でした。
ありがとうございました。

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。