jazz

OM(オーム)とは?
効果は?
方法は?

ヨガのレッスンでは、いきなり「ん~~~~~」と声を出すことがあります。これをOM(オーム)といいます。いきなりOM(オーム)が始まると面食らったり、怪しさを感じてしまうかもしれません。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「OM(オーム)」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ヨガのはじまりと終わりに唱えるOM(オーム)ってなに?正しい方法は?

OM(オーム)って何?

OM(オーム)はヨガのクラスの一番最初か最後でおこなうことがあります。(ジムなど気軽なクラスではやらないことが多いです。)

レッスンに参加している全員で3回声を出していきます。最初にオームをすることでヨガスイッチをいれることができます。終わりにおこなうと、これから日常生活戻る、というスイッチが入ります。

効果

声で身体を震わせることで気持ちよさを感じる人が多いです。

2011年のヨガジャーナルでオームの効果の研究結果が掲載されました。オームを唱えることで脳の働きを穏やかな状態にし、落ち込んだ状態を元にもどすような作用が期待できる、と発表されています。また、血圧が下がることで身体もリラックスする、という研究結果もあります。

オームの方法

オームは4つの音で構成されます。「あ」「お」「ん」と「無音」。「無音」も音としてカウントされています。

口はリラックスします。「あ」と「お」では、唇の間に少しだけ隙間をあけます。そのため日本語の発音の「あ」「お」よりも中途半端な発音になりますが問題ありません。「ん」は力を入れずに閉じます。

オームの流れ

1回目:あ~(喉の後ろ側から音を出す感覚で息を吐ききります)
2回目:お~(喉を振動させ息を吐ききります。胸もしっかり揺れると思います)
3回目:ん~(喉を振動させるのでなく、息を口の方に持っていき唇を振動させ吐ききります。体全体が振動します)
最後:静寂

大事なことは周りと空気感を合わせることです。音程も合わせていきましょう。すると不思議な音色がスタジオに鳴り響きます。音程は低くすればするほど、振動を感じやすくなります。最初のうちはよくわからないと思うので、小さい音量からはじめてみましょう。

また、先生によっては「う」のときもあったり、一気に①②③④をおこなうこともあるので、先生に合わせてください。

音に関してのイメージ

1:37~。この動画では「あ」「お」「ん」「無音」を一息でやっています。

ぜひ参考にしてみてください。

以上、「オーム」の紹介でした。

オススメの本

130万人以上の登録者がいるyoutubeチャンネル「B-life」。人気チャンネルから出版された本で、ヨガのポーズだけでなく食事や哲学など幅広い内容がつまっています。

1,500円ほどです。youtube動画と併せると効果が高くオススメです。

ヨガを試したい方へ

男性にとくにおススメなのがSOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

kazu

今回はOM(オーム)についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。