jazz

OM(オーム)とは?
効果は?
方法は?

ヨガのレッスンでは、いきなり「ん~~~~~」と声を出すことがあります。これをOM(オーム)といいます。

いきなりOM(オーム)が始まると面食らったり、怪しさを感じてしまうかもしれません。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です

kazu

今回は「OM(オーム)」についてです。

※3分ほどで読み終わります。

ヨガのはじまりと終わりに唱えるOM(オーム)ってなに?正しい方法は?

OM(オーム)って何?

OM(オーム)はヨガのクラスの一番最初か最後でおこなうことがあります。(ジムなど気軽なクラスではやらないことが多いです。)

レッスンに参加している全員で3回声を出していきます。最初にオームをすることでヨガスイッチをいれることができます。終わりにおこなうと、これから日常生活戻る、というスイッチが入ります。

効果

声で身体を震わせることで気持ちよさを感じる人が多いです。

2011年のヨガジャーナルでオームの効果の研究結果が掲載されました。オームを唱えることで脳の働きを穏やかな状態にし、落ち込んだ状態を元にもどすような作用が期待できる、と発表されています。

また、血圧が下がることで身体もリラックスする、という研究結果もあります。

オームの方法

オームは4つの音で構成されます。「あ」「お」「ん」と「無音」。「無音」も音としてカウントされています。

口はリラックスします。「あ」と「お」では、唇の間に少しだけ隙間をあけます。そのため日本語の発音の「あ」「お」よりも中途半端な発音になりますが問題ありません。「ん」は力を入れずに閉じます。

オームの流れ

1回目:あ~(喉の後ろ側から音を出す感覚で息を吐ききります)
2回目:お~(喉を振動させ息を吐ききります。胸もしっかり揺れると思います)
3回目:ん~(喉を振動させるのでなく、息を口の方に持っていき唇を振動させ吐ききります。体全体が振動します)
最後:静寂

大事なことは周りの人たちと空気感を合わせることです。音程も合わせていきましょう。すると不思議な音色がスタジオに鳴り響きます。音程は低くすればするほど、振動を感じやすくなります。最初のうちはよくわからないと思うので、小さい音量からはじめてみましょう。

また、先生によっては「う」のときもあったり、一気に①②③④をおこなうこともあるので、先生に合わせてください。

音に関してのイメージ

1:37~。この動画では「あ」「お」「ん」「無音」を一息でやっています。

ぜひ参考にしてみてください。

以上、「オーム」の紹介でした。

ヨガを深める

最後にヨガのポーズだけでなく哲学や食事など幅広い内容がつまっている本を紹介します。

3,500円ほどで、この1冊あれば大満足という内容です。

機能的な身体を目指す筋トレ・体幹トレ

軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

独自のメニュー(ルーティーン)を持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ヨガ講師の資格であるRYT200はオンラインでも取得できます。通常50万ほどかかりますが、オンラインだと12万ほどです。

ヨガの情報はこちらでまとめているので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「OM(オーム)」についてでした。
どうもありがとうございました。

トレーニング情報もぜひご覧ください。