jazz

カパラバティとは?
健康効果は?
方法は?

ヨガの呼吸法でよく紹介されるのが「カパラバティ(火の呼吸)」です。バカにする人も多いですが、その実態を知ったら笑っていられるか…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「カパラバティ(火の呼吸)」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

カパラバティ(火の呼吸)で集中力アップとリラックス。方法と健康効果

呼吸をコントロール

ヨガにおいて呼吸はとても大事に扱われます。呼吸をコントロールすることを「プラーマヤーナ」といいます。ゆったりとした呼吸は心を落ち着ける効果があります。

人体の細胞の中にあるミトコンドリアで、酸素からエネルギーを生み出します。ミトコンドリアは、ひとつの細胞の中に数百個~数千個存在します。酸素を使い食事から摂取した栄養を燃やし、人間に必要なほぼ全てのエネルギーを生み出します。酸素を使うと二酸化炭素が発声しますが、口から自然と出ていきます。

エネルギーの元である酸素を呼吸で取り入れ、不要物を呼吸で吐き出しています。

呼吸法

基本の呼吸は、鼻でしっかり吐いて、しっかり吸います。そして横隔膜を使います。

横隔膜を使って呼吸

ヨガの呼吸の注意事項は、空腹状態でおこなうことです。食事をとった場合、だいたい食後2時間~3時間は空けるほうがいいと思います。

カパラバティ(kapalabhati):火の呼吸

カパラは「頭」、バティは「浄化」という意味です。健康に直結する呼吸法とされています。大きく息を吸ってから、少しずつ息を鋭く吐いていく呼吸法です。内臓に刺激を与え、血の巡りをよくすることで頭がスッキリするといわれています。

ヨガ初心者の人もすぐに実践できるのでオススメです。

方法

楽に座り、背骨をまっすぐ、胸を広く使っていきます。カパラバティ(火の呼吸)の前にできるだけ深い呼吸を3回~5回おこない準備します。このとき、横隔膜をしっかりと使っていきます。

いきなり難しい場合、「1回吸い、3回吐く」からはじめます。また左手を胸、右手をおなかにあてると片手を胸にあてると、おなかの動きがわかりやすいです。

そして、「1回吸い、3回吐く」ができるようになったら吐く回数をだんだん増やしていきます。「1回吸い、4回吐く」「1吸い、5吐く」と増やしていって、40回~50回までできるのが理想です。ゆっくりと成長していきましょう。

呼吸できる回数が増えるほど、心が落ち着き、集中力が増すといわれています。

以上、「カパラバティ」の紹介でした。

オススメの本

130万人以上の登録者がいるyoutubeチャンネル「B-life」。人気チャンネルから出版された本で、ヨガのポーズだけでなく食事や哲学など幅広い内容がつまっています。

1,500円ほどです。youtube動画と併せると効果が高くオススメです。

ヨガを試したい方へ

男性にとくにおススメなのがSOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

kazu

今回は「カパラバティ(火の呼吸)」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。