jazz

前置詞の意味多すぎない?
前置詞のイメージが単語を覚える助けになる?
単語の意味をたくさん覚えなくても大丈夫な方法って?

英語学習者の大きな壁が「前置詞」です。というのも「前置詞」は日本語にはない概念だからです。それを無理やり日本語に直していくので、不自然な状況が生まれます。この不自然さが単語を覚える邪魔になってしまいます。ぼくもまだまだ前置詞に苦労しています。

ですが、前置詞のおかげで微妙なニュアンスを細かく伝えられるようになります。

この記事を書いているのは…

TOEIC905点を持ち、大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。TOEIC900点を超えるまでサポートしていました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。(笑)

kazu

今回は、「おぼえにくい前置詞」についてです。

※5分ほどで読み終わる記事です。

この記事は、前置詞で苦しんでいる人がイメージで意味を理解できるようになっています。

がっちゃんの動画

youtuberがっちゃんの動画で勉強していく方法です。こちらの記事で詳しい勉強法と、勉強のわかりやすい順番を紹介しています。

ただ、がっちゃんの動画は膨大なので前置詞をまず一気に理解するのがオススメで、「イングリッシュおさる」さんの動画をまず紹介します。イングリッシュおさるさんの動画を先に見たほうが理解しやすいです。

がっちゃんも、イングリッシュおさるさんも『一億人の英文法』という本をもとにしています。

2,000円ほど。文法書なのですが、イメージを用いた基本動詞、前置詞の説明が収録されています。詳しくはこちらをどうぞ。

ここからは動画を紹介していきます。

「About」

あまりにアバウト過ぎた「その洗脳」、解きましょう

8:50までが内容説明です。

He is walking about the room.「彼は部屋の中を歩き回っている。(部屋のあちこちを歩いている。)」
He is about 50 years.「彼はだいたい50歳です。」

「ちらばった時間」という方が合っているとがっちゃんも言っています。「毎日を大切に生きる」というメッセージを持つ、とてもいい映画です。

「Above」「Below」

【上・下】 一生スペルを忘れない、とっておきの覚え方まで

9:56までが内容説明です。

「After」「Before」

逆の意味で教わってしまった、BEFOREとAFTERの真実

8:23までが内容説明です。

「Around」

AROUNDが「あいつ」と意味が〇被りしてしまう問題を、ついに解決

10:15までが内容説明です。

look about the issue「その問題について考える(注目する)」
I’m just looking around.「ただ見て回ってるだけです。(洋服屋などで使えます。)」
I planned to go on a trip around the world.「世界一周旅行を計画した。」
a ling wall around the ground「高い壁でその土地を囲む」
seat around the table「テーブルの周りに座る」
run around the town「町を走り回る」
I’ll be home around seven.「だいたい7時に帰るよ。」
It was the way around.「まったく逆だよ。」
When I came around「遠回りをした時」
sleep around「いろいろな相手と寝る」

「As」

「AS」に関しては、この動画ひとつ見るだけでゲーム終了

8:10までが内容説明です。

「At」

必見というよりも、見なくちゃ大損

13:27までが内容説明です。

「By」

もうこれで一生、UNTILと間違えない

10:50までが内容説明です。

「Down」

ダウン(DOWN)を「下」だと誤解しているアナタへ

9:35までが内容説明です。

Our house is down the street.「私の家は道沿いにあります。(今いる地点から遠ざかるイメージがあるのでdownを使います)」
The sun is down.「太陽が沈んだ。」

「For」

「リンカーンに教わる英語」 ※ 人民が証明した、前置詞の秀逸さ

「From」

「Where are you from?」なんて、茶番劇

9:18までが内容説明です。

「Of」

長年あなたを苦しめた前置詞「OF」に終止符

8:30までが内容説明です。そのあとは韓国語の説明になります。

「On」「In」

前置詞さえ分かれば海外のPUBGでも、ドン勝

2:28~内容スタートです。

in time・・・ 「時間に間に合う」「時間内に」
on time・・・「時間どおり」

「Over」

ほとんどの人が知らない「オーバー」のホントの意味

10:57までが内容説明です。

「To」

これで完ぺき「TO」特集 ※ 「不定詞」TOと「前置詞」TOとの区別 /動名詞との区別

7:35までが内容説明です。

I want to buy a digital camera.「デジカメがほしい。」
I do the internet to learn English.「英語の勉強のためにネットを使う。」
We are too young to get married.「僕たちは若すぎて結婚できない。」

I gave it to her.「彼女にそれをあげた。」
I tried to give it.「試しにやってみた。」

「Up」

「UP」という単語に秘められた「悲しみ」の科学

Slow up「遅くなる」

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上、「ガッちゃん動画のいろいろな前置詞」でした

長くなりすぎたら2つに分けるかもしれません。
どうもありがとうございました。