jazz

「ラ・ラ・ランド」のあらすじは?
評価サイトはどんな感じ?
印象に残ったシーンは?

ミュージカル映画の定番となっている「ラ・ラ・ランド」。踊られるダンスはシアタージャズとジャズダンス。ジャズダンサーとしては絶対に見逃せない作品です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷりです。

kazu

この記事は「ラ・ラ・ランド」のあらすじと感想、評価サイトの紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

日本に与えた影響

「ラ・ラ・ランド」公開後は、日本でもミュージカル調のCMやmusic videoがすごく増えました。「ラ・ラ・ランド」のおかげでミュージカルの垣根がかなり低くなりました。

舞台を観に行く人も増えたんじゃないかな、と思っています。

「ラ・ラ・ランド」のあらすじ

女優になりたいミアと、ジャズピアニストになりたいセブ。個性的な2人が迷いながらも夢に向かって生きていきます。相性のいい2人は一緒にいると、お互いを高めあっていきます。でも2人の波長には少しズレがあります。

2人の波長がイマイチ合っていなかった出会いは最悪。そして波長がバチッと一致している幸せな時期。そしてまた波長がズレていく。

2人が自分の道を見つけていくまでを描きます。

僕が生きている中で一番ヒットしたのミュージカル映画です。ダンスのシーンは多くないですが、昔のミュージカル映画へのオマージュシーンがたくさん入っているのも楽しいです。

うすれゆく色

映画館で1番はじめに観たとき、前半がすごいおもしろいと感じました。

というのも「ラ・ラ・ランド」は後半になるにつれ色彩が地味になっていきます。幸せの絶頂から現実的に人生に向き合っていくということを色彩で表しています。

ぜひ「ラ・ラ・ランド」を観るときは色に注目してください。とくに衣装がわかりやすいです。

キャスト

監督:デミアン・チャゼル

2014年:「セッション」(Whiplash)アカデミー助演男優賞、編集賞、録音賞受賞。作品賞、脚色賞ノミネート。
2018年:「ファーストマン」(First Man)

役名:役者(声優)

セバスチャン(セブ)・ワイルダー:ライアン・ゴズリング(内田夕夜)
ミア・ドーラン:エマ・ストーン(武田華)

キース:ジョン・レジェンド(祐仙勇)
ローラ:ローズマリー・デウィット(山賀晴代)
トレイシー:キャリー・ヘルナンデス(村松妙子)
アレクシス:ジェシカ・ローテ(熊谷海麗‏)
ケイトリン:ソノヤ・ミズノ(石井未紗)
ビル:J・K・シモンズ(壤晴彦)

エマ・ストーンは「ヘルプ」の頃から好きで、ライアン・ゴズリングの持つ陰に魅力を感じています。2人ともどちらかというと日本人受けしないタイプだと思うので、作品が持つパワーが評価されているのかな、と感じています。

そしてミュージシャンのジョン・レジェンドが出てるのも嬉しいです。

ちなみに、日本語吹き替え版でも歌は英語です。ですが日本語吹き替え版もおススメです。

評価は高い?低い?

「ラ・ラ・ランド」yahooの評価は4.1

Yahoo!映画より

2万件を超える評価でも☆☆☆☆というのは、かなり高いです。

噛めば噛むほどおもしろい!

映画館で観た時は、音楽の圧が低く物足りなく感じていました。そして、周りのお客さんがうるさかったので気が散ってしまい集中できませんでした。記憶が変な風にゆがめられていたのか、テレビで観た方が映画館で観た時よりもかなり感動しました。

映画館で見たとき後半は勢いがないように感じていましたが、じっくりみるとジーンときました。

オマージュの宝庫

「ラ・ラ・ランド」は昔のミュージカル映画にオマージュを捧げるシーンがとにかくたくさん入っています。シーンの比較がとてもわかりやすい動画がこちらです。

La La Land – Movie References

監督は本当にミュージカルが好きなんだな、とわかります。監督の姿勢は素晴らしいと思う反面、もったいないなとも思います。オマージュが多すぎて、オリジナル性が薄まってしまっているような気がします…。

インパクトの強いオープニング

主役2人が登場していないのに、オープニングにパンチがあります。

どのミュージカルでもオープニングナンバーで観客の心をつかむことがすごく大事です。ミュージカル版の「ライオン・キング」もオープニングが一番スゴイといっている人をよくみます。

Another Day of Sun

ここに注目

気になる人が2人…。3:50くらい。車の上や地上でたくさんのダンサーが踊ったり、アクロバットをしたり…。

「ん???」

大きな画面じゃないとわからないんですが、よーく見てみると2人だけ中央の方で、手拍子してる人がいます。けっこう可愛いいので、注目してみてください!

MGM時代

ミュージカル映画の黄金時代である1930年代~1950年代を思い出させる演出がふんだんに入っています。

現代の最新技術をしても昔の映画を超えるのはなかなか難しいと言われています。

MGMミュージカルに関してはこちらの記事をどうぞ。

ソノヤ・ミズノさん

日本人としては日系のソノヤ・ミズノさんが出演してるのも嬉しいです!

ソノヤ・ミズノさんに関してはこちらでもご紹介しています。

『Someone In The Crowd』

ぶんぶんスカートを振るのが印象的なナンバーです。黄色い衣装がソノヤ・ミズノさん。

『Someone In The Crowd』 

1:50の部分好きですね~。

エマ・ストーンの存在感の強さが際立ちます。ダンステクニックは友達役の3人の方がうまいけれど、エマ・ストーンに目が奪われます。演技力のあるダンスに惹きつけられました。

アカデミー賞ハプニングの真相

「ラ・ラ・ランド」はアカデミー賞やエミー賞などで数々の賞を受賞しました。

その中で一番の衝撃はアカデミー賞作品賞の発表です。「ラ・ラ・ランド」とともに作品賞最有力とされていたのが、黒人のLGBTをあつかった作品である「ムーンライト」。

実は「ムーンライト」がその年の作品賞でした。ですが作品賞の発表でプレゼンターであるウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイには主演女優賞の封筒が渡されていました。主演女優賞は「ラ・ラ・ランド」に主演したエマ・ストーンが受賞していたため、封筒の中のカードには「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンと書かれていました。

このカードを見て間違いに気づくことはなかなか難しく、そのまま「ラ・ラ・ランド」と発表。

3人のプロデューサーがそのままスピーチをはじめてしまいます。2人目あたりでザワザワ…。そして3人目で間違いに気づき、ジョーダン・ホロウィッツが「ムーンライト」が受賞した、と訂正します。

とくにジョーダン・ホロウィッツの訂正の態度が素晴らしく、その後なぜか釈明しだすウォーレン・ベイティがなんとも情けなく見えてしまいます。ウォーレン・ベイティのせいではないんです。ないんですが、なんとも情けない。

ジョーダン・ホロウィッツは「ムーンライトに作品賞を渡せてとても光栄に思う。」と発言。ここでグッときました。さらに、このハプニングから会場中が「ムーンライト」を盛り上げようとする空気感も素晴らしい、と思いました。指笛をふくマット・デイモンが好きです。

kazu

今回は「ラ・ラ・ランド」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。